Love&Peace マナとカズ

アクセスカウンタ

zoom RSS マナミ、まなみーるで歌う

<<   作成日時 : 2014/09/27 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

マナ、先月行われた
ザ・クラシックコンサート岩見沢2014に出演しました

岩見沢市民会館まなみーる。
お〜、まなみまなみーるで歌うって
ちょっと大人になったマナの歌をどうぞ〜
親バカですけどね
画像



本格的なチラシ。

一丁前に映ってる。














画像




写真館で撮った
らしい

大人になったね〜











https://www.youtube.com/watch?v=t4NwKrSeLBw

ベッリーニ:歌劇「カプレーティ家とモンテッキ家」より ああ、幾度か


https://www.youtube.com/watch?v=TCbHQMImJ_w

ドニゼッティ: 歌劇「シャモニーのリンダ」より この心の光



マナの歌は大好きだけど、やっぱり賛美が特別です。
最近のマナの証し(?)を勝手にアップします。フェイスブックからです。
9月23日 21:03 ·
.忙しい忙しい夏休みが終りになってようやくひと段落つきました。文字通り心が亡くなるような日々で神様に心を向けれない日も多かった(´・-・`)否応なく、歌に、信仰に向き合わされ、神様なんで今なんですか!時間あるときにしてくださいって何度思ったことか!(笑)こんな時だからこそなんだろうけど、試され試されな夏休み。毎年夏休みには何かがある私です。
やっぱりコンクールってきっついです。やっぱり欲にあふれた舞台だと思うし、神様に喜んで歌うのが何より難しいと思うし、袖にはけてはっと
したときの自分の傲慢さが苦しい。歌詞にもとらわれちゃうしそれを経験しなきゃわからない風潮が私にはわからない。でもやっぱり、音楽って神様のものなんだってとこにたどり着くしそこに向かって歌う者でありたい。世界を魅了するようなすっごいオペラじゃなくていい。神様に感謝して委ねて歌えるならその方がいい。結局は音楽を奏でるのは私じゃなくて神様なんだ。私は礼拝者としてその器になればいいんだ。長い時間かけてようやく手放せた気がします。頭ではわかっても実感出来なくて、自分の力でしてしまおうとする弱さを神様はこれでもかってほどこの夏私に気づかせましたね。何があっても全てのステージを神様が用意されて演奏者としてともにいるんだ!神様の栄光をそのままに流せる歌い手でありたい。変だと思われるんだろうけど、でも私はやっぱり演奏者としてでなく礼拝者としてどんな歌も賛美し続けたいです。今年は、伝道の場で賛美をさせていただくことがとってもたくさんあります。そのなかで嫌でも自分の罪と向き合わされたことがとても大きかった。清くされて神様の前に立ちたいなと、なによりも神様が喜んでくださる姿でステージに立ちたいなと、強く強く思いました。弱さの中に栄光があらわれるっていうのは本当にこういうことなんだなー。得意なことってなにより弱い部分でそしてやっぱり神様からのプレゼントなんだなって(*^^*)私のおごり高ぶりは全てしっかり叱っていただいて、でもたくさんの恵みをいただいて、神様ありがとうなこゆい2ヶ月でした!
「主は私の力、私の盾。私の心は主に拠り頼み、私は助けられた。それゆえ私の心はこおどりして喜び、私は歌をもって、主に感謝しよう。(詩篇28:7)
      
 以上、マナの文章より…

マナが神様の演奏者として用いられていきますように…     by つっきん                           

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マナミ、まなみーるで歌う Love&Peace マナとカズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる